無敵超人ザンボット3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION/初回限定生産

人気おすすめアニメの評価と口コミ

セーラームーン

美少女戦士セーラームーン キューティーモデル セーラーマーズ

世界的人気を誇るセーラームーンです。

元々欧米には「ハロウィン」という文化があるため、日本で言うところの「コスプレ」を割とすんなりと受け入れられやすかった、という一因もあります。

あわせて読みたいブログパーツ

世界中で人気のあるドラゴンボールです。

YouTubeの動画などでも英語のコメントが多発していることからも、その人気のスゴサがわかりますね。

日本に生まれて良かったですね。

超像Artコレクション ドラゴンボール スーパーサイヤ人 孫悟空

Sponsored Link

無敵超人ザンボット3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION/初回限定生産

無敵超人ザンボット3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】 [DVD]
無敵超人ザンボット3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】 [DVD]
定価: ¥ 18,900
販売価格: ¥ 14,723
人気ランキング: 5403位
おすすめ度:
発売日: 2008-08-22
発売元: バンダイビジュアル
発送可能時期: 一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します。配送予定日がわかり次第Eメールにてお知らせします。商品の代金は発送時に請求いたします。

本当に泣いてしまった。あの頃泣いたことを思い出した。
このBOXを購入する前に、みなさんのレビューを読みました。「泣きました」が多かったような気がします。価格はこの不況の時代、減給された私にはやはり高価です。そこで、レビュー記事に薦められている「人間爆弾」の一部をネットで閲覧しました。圧倒されました。ためらわず、ザンボット、GO!ちょうど我が家の子どもたちが夏休みでしたので、家族で毎日1話ずつ見ました。Disc4は子どもたちにも辛かったようです。「何で死んじゃうの」と娘の声が今でも私の耳にこびりついています。私は小学校4年生のときリアルタイムでテレビでザンボットを見ていたはずです。はっと思い出しました。私も娘と同じことを言っていたことを、そして泣いてしまったことを。テーマは無限です。自利利他の精神とは?文明の功罪とは?極限状態のなかでも必ずささやかな「笑い」を忘れていない富野さん。月並みですが、人生山あり谷あり、笑いあり涙あり、出会いと別れあり。購入する前に全23話は少ないなぁ、とケチケチ根性があったのですが、短いからこそ、その中に凝縮されていた力をあらためて感じます。私は家族で毎日1話ずつ見て、そのあとお風呂に子どもたちと入ったり、寝るときに少しザンボットの話をするだけで「家族の絆」について自然に話していたような気がするのです。親として「自利利他」「自己犠牲」「死」などについてあらためて子どもと話すために勉強させられました。ザンボット3BOXのおかげで柳澤桂子さん、柳田邦男さん、梅原猛さん、鈴木大拙さんなどの作品を読むことができたことを感謝します。みなさんのレビューのおかげです。ありがとうございました。

ガンダムにあらず

サンライズの代表作として筆頭にあがるのはガンダムでなくこれです。
今観ると明らかな作画ミスや萌えの不在が目立ちます(戦艦クルーが全員家族か親戚なのでカップリングも楽しめないし、主人公のガールフレンドはブスペアと呼ばれる有り様)
が、
裏を返せば、野暮ったい同人感性の入り込む余地の無い重厚なドラマが描かれているという事。
プロの作品なのです。

宿命といえる玩具メーカーとの兼ね合いで生まれたロボットデザインも秀逸。

ラストの美しさも指折りのものだと思います。

前半と後半で随分印象の変わるアニメなので序盤で判断しないほうがいいです。

現在に至ってもなおサンライズプロデュースの初作品にして最高傑作。

これから先も多分そうだろうと近年の作品を見て確信しています・・・。とみのさん、死ぬまでにもう一度・・・セイン津・・・。


大人になっても色褪せない感動ドラマ
この作品は、私が子供の頃に見て夢中なり、成人してから見直しても、一向に色あせない感動ドラマです。他の作品は、成人してから見ると、なんで好きだったのか判らない作品も多数ありましたが、この作品は違います。子供の頃、ロボットアニメをご都合主義と笑っていた時に出会い、夢中になりました。今の若いアニメファンから見れば、作画が荒れていると真面目に見れない作品だとは思いますが、最終話に続く数本は、作画もよく、壮絶なラストシーンには、涙が溢れます。興味を持った方は、試しに第18話「アキと勝平」をレンタルして見て下さい。私が初めて見た話がこれでした。この作品観がよく判ると思います。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。