魁!!男塾全34巻完結

人気おすすめアニメの評価と口コミ

セーラームーン

美少女戦士セーラームーン キューティーモデル セーラーマーズ

世界的人気を誇るセーラームーンです。

元々欧米には「ハロウィン」という文化があるため、日本で言うところの「コスプレ」を割とすんなりと受け入れられやすかった、という一因もあります。

あわせて読みたいブログパーツ

世界中で人気のあるドラゴンボールです。

YouTubeの動画などでも英語のコメントが多発していることからも、その人気のスゴサがわかりますね。

日本に生まれて良かったですね。

超像Artコレクション ドラゴンボール スーパーサイヤ人 孫悟空

Sponsored Link

魁!!男塾全34巻完結

魁!!男塾全34巻完結 [コミックセット]
宮下 あきら

定価: オープン価格
販売価格:
人気ランキング:
おすすめ度:
発売日:
発売元: 集英社
発送可能時期:

口コミ・レビュー

漫画のキャラの目が燃えて炎になっているのを見て「あんなん目がヤケドするよなぁ」悪い奴=デカイ奴という漫画表現がわからずに「あんなにデカイやついるわけないよなぁ」みたいに、漫画の過剰表現にいちいち突っ込んで悦に入るひとには向いてません。

これ読んで軍国主義とかマッチョイズムとか言い出す、木を見て森を見ない人も向いてません。
北斗の拳とか、他の熱血バイオレンス系の漫画との比較を始める人にも向いてません。
バカをバカと一体となって楽しめる本当のバカか、一歩離れて作者のバカ表現をじっくり分析して笑える人向きです。

作者はそれほど深く物事を考えていません。
深読みするだけ時間の無駄。
単純にあの一本気の熱さが作者の本質であり良さであり、そこを単純に楽しめばOK。

最後のほうは作者があきらかにやる気を無くしたか迷走だかしていて、ほとんど打ち切りみたいな終わり方になっていますがそこを含めて愛せる人ならなお向いてます。

「魁!!男塾」は1985年から週刊少年ジャンプに掲載された格闘漫画。
その面白さはとにかく試練、死闘、死闘の繰り返し。
理不尽なことこの上ない前半から後半の大会まで、男の熱い生き様を描いて当時の子供にかなりの支持を得ていた。
個性ある登場人物達も大人気で主役の桃太郎より、脇役の方が人気があった。
次々現れる相手チームの面子も実に不可思議だが、なぜか不思議な説得力で、その画風のように強引なまでに読む側をひきつけていた。
個性あるキャラクターの技の数々も謎の解説(中国拳法大武鑑や中国日本武術交流秘史・・・等など)でなぜか説得されてしまい、それぞれ自分は○○の技が好きだとか、この中国拳法は○○だとか、話題にことかかない漫画だった。また名言が多いのも人気の一つ。

そ??本巻、男塾一号生と三号生の威信を懸けた『大威シンパーレン制覇』もいよいよクライマックス。
桃と大富院邪鬼の大将戦が始まった。邪鬼の圧倒的な強さに自らの「氣」で対抗する桃。桃に勝機はあるのか・・・。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。