“文学少女”の追想画廊

人気おすすめアニメの評価と口コミ

セーラームーン

美少女戦士セーラームーン キューティーモデル セーラーマーズ

世界的人気を誇るセーラームーンです。

元々欧米には「ハロウィン」という文化があるため、日本で言うところの「コスプレ」を割とすんなりと受け入れられやすかった、という一因もあります。

あわせて読みたいブログパーツ

世界中で人気のあるドラゴンボールです。

YouTubeの動画などでも英語のコメントが多発していることからも、その人気のスゴサがわかりますね。

日本に生まれて良かったですね。

超像Artコレクション ドラゴンボール スーパーサイヤ人 孫悟空

Sponsored Link

“文学少女”の追想画廊

“文学少女”の追想画廊
野村 美月
“文学少女”の追想画廊
定価: ¥ 2,520
販売価格:
人気ランキング: 24108位
おすすめ度:
発売日: 2008-12-15
発売元: エンターブレイン
発送可能時期:

「文学少女」シリーズの重要な一部です
竹岡先生のイラストに惹かれて読み始めたシリーズということもあって、
この本の刊行には大喜びしました。
内容は初期設定やモノクロイラストも載っており素晴らしすぎるものでしたが、
買った当初少し不満点がありました。
「ファミ通オンライン」で連載されていた短編の表紙絵が1枚も載っていないのです。
当時は「なんで?」と思ったのですが、この本の刊行後に出た短編集
「恋する挿話集」で謎が解けました。
短編の絵はこちらに載っていたのです。
そう、この本は本編の集大成ではあっても、まだ「文学少女」の通過点の1つだったんですね。
「挿話集」だけでなく、「見習い」も刊行され「文学少女」はまだまだ広がりを見せています。
加えて、短編集と外伝も本編の一角であり、これらだけを読んだり、読む順番を変えたりすると
意味がわからない、感動が半減する箇所もある内容になっています。
この本も例外でなく、この本に収録されている短編は私が本編読了後に感じた
疑問点を解消するほどの内容でした。

文学少女に興味を持たせてくれたもの
こちらで購入したのではなく、たまたま本屋で見かけて、
文学少女という作品も知らず、表紙の色合いと美少女に惹かれて購入しました。
開いてみると、どことなく切ない表情の可愛い美少女イラストが多数。
ただ、所々出てくる台詞意味が理解できず
原作未読でも十分楽しめましたが、
原作読むことで、本当の意味で楽しめるアイテムだと思います

画集だからこれくらい高くて(略)
あのイラスト達がこんな大版で見られるだけで嬉しいのに、書き下ろし&ラフ画が付属。さらに「本編に登場した小説の目録」と「野村先生知人の皆さんからのメッセージ」まで付いて、これは十分とちゃいますの?
目録は、某雑誌で宣言している通り「文学少女」に登場した小説を全部読むことを人生の目標としている自分にとってありがたい! 一部絶版とか改題とかあって、苦労しつつ、なんとか一冊ずつ消化しています!
ちなみに、ラフ画にはネタバレコメントもあります(特に琴吹さんとか叶子さんとか琴吹さんとか)。
短編はもう、ラフ画以上のネタバレ祭。本編を読み切ってから読むことを義務付けます。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。