ボクを包む月の光-ぼく地球(タマ) 次世代編- 1~最新巻(花とゆめCOMICS )

人気おすすめアニメの評価と口コミ

セーラームーン

美少女戦士セーラームーン キューティーモデル セーラーマーズ

世界的人気を誇るセーラームーンです。

元々欧米には「ハロウィン」という文化があるため、日本で言うところの「コスプレ」を割とすんなりと受け入れられやすかった、という一因もあります。

あわせて読みたいブログパーツ

世界中で人気のあるドラゴンボールです。

YouTubeの動画などでも英語のコメントが多発していることからも、その人気のスゴサがわかりますね。

日本に生まれて良かったですね。

超像Artコレクション ドラゴンボール スーパーサイヤ人 孫悟空

Sponsored Link

ボクを包む月の光-ぼく地球(タマ) 次世代編- 1~最新巻(花とゆめCOMICS )

ボクを包む月の光-ぼく地球(タマ) 次世代編- 1~最新巻(花とゆめCOMICS ) [コミックセット]
早紀 日渡

定価: オープン価格
販売価格:
人気ランキング:
おすすめ度:
発売日:
発売元: 白泉社
発送可能時期:

口コミ・レビュー

ぼく地球にリアルタイムで夢中になった世代です。
自分も親になり子供への愛情に共感しています。
輪が若いながらも、まだまだ未熟なところ(少年の輪を思わせて、母性をくすぐられる)
もたくさんあるけど、父親として成長しているところに感動でした。
ありすと輪がお互いに支えあって、蓮を大事に育てている様子が微笑ましいです。

私的には、「死んでも放さない」というセリフがぐっときました。

確かに何となく画は変わったようですが・・・、まったく気にならず!木蓮さんと紫苑さんなんかより素敵になったような気がします、ありすも! ぼく地球も大大大好きだけど、ぼく月も大好きになれそう。懐かしいメンバーが幸せに暮らしてる感がすごく心地いい。「良かったねぇ、良かったねぇ」って思える。 しっかりストーリーも繋がってるし、これから楽しみ!と思えました。

正直、驚きました。
最近は漫画だけでなくテレビドラマや映画でも「引き込まれるような面白い物語にお目にかかれないな……」と嘆いていただけに、落としどころを押さえたストーリーの構成とキャラの役割分担の巧みさを感じて「久しぶりに物語に堪能できた」という満足感を覚えたものです。

この巻は「ボク月」の中では一番「ぼく地球メンバー」が活躍して各人の個性も出ていたと思いますが、そのやり取りを見ていたカチコの戸惑いと「ウチ、もしかした何気に、超ド級トップシークレット事項に触れてもーたん違うやろかー!」のセリフが効いていて、「ちゃんとボク月の話として展開している」ところには感心させてもらいました。

その後、ぼく地球の名シーンと言える「輪と未来路の最初の対決シーン」が過去の記憶として再現され、そこにおけるカチコの解説もこのシーンの臨場感と緊迫感を見事に伝えているところも読み応え十分で(「目がイッてる。」はなかなか)、「続編というのはこうでなくちゃな」と思ったものです。

「ボク月」は蓮やカチコ等の主要キャラの設定が「昔の輪と同じ年代にせざるを得なかった事情」もあって「大人びたセリフの不自然さ」にかなり違和感を覚えることも多かったのですが(「どう見ても高校生以上の会話」と思えるセリフがちょっと多い)、この巻の「カチコの解説」はそうした違和感を感じさせない勢いがあったと思います。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。